糖尿病の診断と治療の目安|注目度の高いアミノ酸のサプリメントはランキング上位のものを選ぼう
家族

注目度の高いアミノ酸のサプリメントはランキング上位のものを選ぼう

糖尿病の診断と治療の目安

男の人

1〜2か月の食生活が出る

糖尿病と聞くと血糖値の高さが診断と治療の目安になると思われていますが、最近、糖尿病の診断にはヘモグロビンa1cという値が参考にされます。ヘモグロビンa1c値は過去1〜2か月間の食生活を映し出します。明日は病院で検査だからと前日から食事に気をつければ、検査当日の血糖値を下げることはできますが、ヘモグロビンa1cを下げることはできません。血糖値のコントロールの状態を診断する良い目安となるため健康診断や糖尿病外来で診断に利用されています。普段の血糖値が正常値の方だと5.4%未満、境界型糖尿病の疑いがあり時々血糖値が異常値の場合がある方は6.4%未満、ヘモグロビンa1cが6.5%以上で糖尿病の診断となります。

下げる為に有効な方法は

自分自身の健康状態には常に気をつけていても、遺伝などでヘモグロビンa1cの数値が高いことがあります。ヘモグロビンa1cを下げる為に一番効率が良く、手っ取り早い方法は食事の改善です。毎日の食生活を見直すことで改善が見込めます。緑黄色野菜を多くとるとヘモグロビンa1cを下げると言われています。また納豆に含まれるビタミンB1、レシチン、食物繊維はヘモグロビンa1cを下げてくれます。豆腐など大豆製品は低GIで食物繊維も豊富で血糖値の上昇を抑えてくれます。また、アーモンドやナッツ類が含む不飽和脂肪酸は血液サラサラ効果があります。海藻類や青魚も効果があります。食事の改善と合わせて、運動を取り入れると相乗効果です。軽い有酸素運動はヘモグロビンa1cや血糖値を下げるのに有効です。